庭の花  (18)

          @秋明菊(2種) Aスピードリオン Bタリクトラム(ヒューイッツダブル)
          Cツンベルギア D宿根スターチス E孔雀サボテン
          F11月の庭(工事中ー1) G11月の庭(工事中ー2)
          H11月の庭(工事中ー3) I11月の庭(埋め立て中)





秋明菊  ピンク  (宿根草)
お隣から頂いたものです。晩秋の花といえばこれ、と言うくらい遅くに咲きます。
霜が降りて、蕾のまま咲けない年も有ります。水霜程度の時は霜よけに
シートなどをかけますが、強い霜の時は思い切ってドライフラワーにします。






秋明菊  ピンク (2)
大好きな花なので玄関横と家の東側とに植えています。白ほど株は増えませんが
株分けして2〜3年するとこのように見事になります。






秋明菊  白 (宿根草)
元の住人の方が植えられたもの。 京都の貴船地方では普通に見られる
野草だとか。ピンクは可憐で白は気品の有る風情です。地中の根からランナーがのび
繁殖力は旺盛すぎるほど。油断すると庭中広がってしまいます。






スピードリオン (宿根草)
家の横の人家の跡で千島桜の根元に咲いていたもの。家のまわりに何軒かの
人家の跡が有り、家は取り壊されて更地になっていますが、庭木などは残され
球根のチューリップやクロッカスなど丈夫なものが草むらで庭の名残りを見せています。






タリクトラム ヒューイッツダブル (宿根草)
お隣の奥様が通販で取り寄せ、下さったもの。十勝の紫竹ガーデンで素晴らしい
群生を見て以来、大好きな花です。買った苗が手違いからか、梅花カラマツだった事で
ガッカリしていた私を見かねたのでしょうか。、わざわざ2株持って来てくれました。
ただただ、感謝です。






ツンベルギャ アラータ
お隣の奥様が苗を下さったもの。元々、十年ほど前、青森から姉がお土産に
持ってきてくれ、冬の間も、室内で咲かせていたものでしたが、種を上げた
お隣ではそれ以来、ずっと自家採取を続けて、苗を育ててくれています。






宿根スターチス 
お隣の奥様からいただいたもの。大きな株になっていたものをスコップで
半分掘ってくれました。家へきたものの方が成長が良くなり、申し訳なくて
今度は半分お返しするねーと話しています。






孔雀サボテン 
外に置いてあったものを霜が降りたので、玄関に入れました。
子供の頃から実家で咲いていたものを分けて貰ってきたものです。
我が家に来てからでも、ウン十年になります。






11月の庭 (工事中ー1)
コンクリート塀が壊されました。塀から30センチほど花をよけて欲しいとの事だったのに
仕事から帰って見るとこの有様。無惨に削り取られた花壇に言葉を失いました。






11月の庭 (工事中ー2)
雪の中、排水用の土管を入れるために川底の掘削が行われています。






11月の庭 (工事中ー3)
ようやく排水の土管が入ったようです。毎日、騒音と振動に家が
揺れています。早く終わってくれますようにー。






12月の庭  (埋立て中)
大雪の中で、土砂を運んでの埋め立てが行われていますが、午前中は除雪に
かかってしまい工事は目に見えて進まない様子。振動と騒音は相変わらずです。



今年の庭の様子はこれで一休みします。