庭の花  (23)

         @ゲンペイイカリソウ Aプリムラ・オブコニカ B君子蘭 Cクジャクサボテン(3種) 
         Dオキザリス(6種) Eボロニア・ピアータ F姫バラ G富貴蘭(2種) 




                                         



ゲンペイイカリソウ 
お友達のすずちゃんからの頂き物です。オダマキの花に似ています。
暖かくなってから庭のライラックの根元に地植えにしてみました。
厳冬地で無事越冬し、また可愛い花を見せてくれますようにー。






プリムラ・オブコニカ
プリミンという毒素を持つため、素手で触れるとかぶれる人が多いと聞きます。
花色に惹かれてつい購入。恐る恐る接してましたがどうやら私は大丈夫のようです。
花の少ない冬の間、次から次へと花茎を伸ばし楽しませてくれました。







君子蘭
数年前まで20年以上も育てていたものを外の桜の木の下に置き忘れ
早霜で凍らせてしまいました。これは友人のガッツさん(あだな)から
戴いた物です。葉も花も我が家に有ったものとそっくりそのまま。







実家から株分けして貰ったものです。ずいぶん昔から見慣れている種類です。
おそらく40年ほど前の祖母の大事にしていたものの子孫のはず〜。
大きな紫ががったピンクがきれい。







これも実家から株分けして貰ったもの。外側が朱色〜中間がクリーム色。
中心になるにつれ真っ白と咲き分けます。やはり見事な大輪の花が咲きます。







クジャクサボテンの欠点は花期の短さ。蕾が開くまでの期間の長さに比べ
花の命は1〜2日。その欠点を持ち合わさない優れものです。開花してから
半月〜ひと月ほども咲き続け驚かされます。長姉から株分けして貰いました。







オキザリス(1) デッペイ(球根)
葉が4葉のクローバーに似ているのでラッキークローバー、アイアンクロスなどと
呼ばれています。この花が咲くと良い事が訪れる〜と書かれていました。
高速道路のサービスエリアにご自由にお持ち下さい〜と置かれていたサービス品です。







オキザリス(2) トリアン・グラリス
流通名 「紫の舞」のほうが一般的な呼び名です。花の咲かない時期でも
葉の色がきれいなので愛好される方が多いようです。確か、この球根を買ったのが
オキザリスに惹かれるきっかけになったはず。







オキザリス(3) パーシー・カラー
お友達のまきちゃんに頂いたものです。葉も花も小さくて本当に可愛らしい。
他のオキザリスと同様で、陽が射すと花びらを開き、陽がかげるとつぼんでしまいます。







オキザリス(4) セルヌア
香川の銭形見物の際に登り口の斜面にたくさん咲いていました。明るい花色が
目に焼き付いています。はとこのコマメちゃんがお友達から球根を分けて貰い
送ってくださいました。






オキザリス(5) プルプレア
去年、高知の竜串海岸で見かけ砂をほじって持ち帰ってきたものです。
園芸種の球根が捨てられたものか、洪水などで心ならずも流されたもの?
元はどなたの庭に咲いていたのでしょう。







オキザリス(6) ボーウィ
愛媛の道の駅「ゆのうら」で購入。高知で拾ったプルプレアに葉がそっくり。
もしかしたら同じ種類の色違いなのかも。花数がすくないとこまでソックリ!!







ボロニア・ピアータ
母の日に娘が送ってくれました。小さくて可愛いお花がびっしりついて
とてもきれい。残念ながら花後はすぐに枯れてしまいました。管理が
下手だったようで反省しています。







姫バラ
去年、息子と娘の帰省したときのお土産でした。庭におろしましたが、
こちらも越冬出来ずに枯死させてしまいました。我が家とバラは相性が悪いようです。







富貴蘭(1)

斑入り葉で小さな可愛い花をつけました。富貴蘭の愛好家のコマメちゃんから
頂きました。 はとこのコマメちゃんはたくさんの富貴蘭を育て、交換会や展示会に
出品されているいわばプロ。高価なものは上限が無い程らしいです。大事にしなくちゃ。







富貴蘭(2)
これもコマメちゃんからいただいたものです。名前も教えて貰ったにもかかわらず
失念してしまいました。ど素人なうかつさが恥ずかしい。斑入りのものより葉が硬く、
花は大きめです。この大きさになるまで何年丹誠されたのでしょう。