庭の花  (32)
            2008年の庭の様子です。空き地に種を振りまき、球根を植え
            こぼれだねで増えた苗はそのままに、これぞホントのナチュラルガーデン(?)
            ・・・かなぁ(笑)                                                          




早春の庭先風景です。まだ花の数も少なく淋しいですね。






福寿草が輝いています。







春先のイチオシはこのタツタソウです。他に類を見ないような花色は目が覚めるよう。








最初の写真から半月ほどで 空き地がだいぶ埋まってきたでしょ。
ジギタリスやマトリカリアが咲きだしたばかり。







上の写真と同じ場所ですがジギタリスが終わり、マトリカリアの天下になる頃は
すっかり地面が隠れました♪










同じ場所でも半月もしたらがらりと顔ぶれが変わっています。
そこが宿根草中心の庭の良いところ。一番左側の白露柳はまだ新芽が伸びかけです。





満開になった白露柳とソープワートがくっついてしまいましたね。少し間引かなくちゃ・・・。






マトリカリアは花期が長く、こぼれ種であちこちに散らばり
他の花が移り変わっていくのをじっと見送っているみたい。





なかなか全体を撮ることが出来ません。







あっという間にモナルダが満開になってきました。
玄関前の草花のグラデーションが大好き!







反対側から撮ると表情も違って見えます?






まきちゃんのモナルダ〜と呼んでいるこの色、好いですね。






ピンクのデルフィニューム、青に比べると茎が軟弱で倒れやすいのが難点です。
もっと土の痩せた場所に移すべきか・・・・思案中。





ピンクのデルフィニュームが終わりかけ、ラバテラの白が満開に〜。












後を追うように濃いめのピンクと薄ピンクのラバテラやニゲラ、ピンクカスミソウが咲きだしました。






ラバテラの下のニゲラ、これも大好きな花のひとつ






スイートロケットやジャーマンアイリスが咲きだしました。






夕暮れの逆光で花はきれいに見えたのに、写真はきれいに撮れません〜。





玄関横は大好きな桃色タンポポの指定席となっておりま〜す。






べっぴんさんをアップで撮って見ましたョ、かわいいでしょ。