アブラガヤ



「まるでたわわに実った稲穂のような姿で一瞬、稲?と
見間違う程です。花序が油色をしている事から
名付けられたとか。」

(撮影場所:音威子府村) (油茅 / カヤツリグサ科)