アルファルファ











昔ながらの紫種は、病気や雪腐れなどに弱く、次第に栽培されなくなり、現在では
丈夫な混合種に変わっているそうです。探してみると、ピンク、白、紫、黄色と花色が豊富です。
アメリカ、カナダなどではアルファルファ。ヨーロッパ、インドオセアニアなどでは
ルーサンと呼ばれています。最近ではもやし状のものがスーパーに並んでいますね。

撮影場所:音威子府村   ( 紫馬肥やし/ マメ科)